神奈川県のデントリペアプロショップ
トラストデント厚木店の田邊です。

デントリペアは、パテ付けや塗装をしないので限りなくオリジナルの状態に戻す事が可能です。
気になる『へこみ』を無かった事に出来る、この素晴らしい技術で、きっと皆様のお役に立てると思います。

IMG_9405
今回の施工はトヨタ FT86 アルミボンネットに出来たキズのあるヘコミのデントリペアです。
ボンネットの飛び石によるヘコミはその多くがキズを伴いますが、『キズはタッチアップで・・・』とされるお客様は大変多くいらっしゃいます。
板金修理代金も高額になりがちですし、何より小さなキズの為にボンネット1枚再塗装、場合によっては左右のフェンダーもぼかし塗装    板金塗装のデメリットを熟知されている方なら絶対に避けたいですよね。


IMG_9415
カウルトップにこの石が乗っていたとの事でこの石が原因と思われます。

IMG_9364
丁度運転席から良く見える位置なのでヘコミが無くなった時にどの程度キズが目立つかが問題になります。

IMG_9377
黒く見える点々がキズです。写真では黒く見えますが実際は白い点々に見えます。

IMG_9365
ヘコミの大きさは4センチですので、施工代金は定価19,440円。
板金塗装代金との差額とキズの残り具合でお客様にとって最良の修理方法をご提案出来ればと考えていますので、キズが残る場合には特に慎重に検討させて頂きます。

IMG_9375
リフレクターボードで確認します。
キズは見えにくいですが、パネルの歪を確認するには必需品です。
今回はデントリペアでの施工をご依頼頂きましたので全力で作業にかからせて頂きます。


施工後です。
IMG_9381
先ずはしっかり歪を取ります。リフレクターボードは僅かな歪みも確認出来ますがキズの確認にはあまり向いていません。

IMG_9391
キズは蛍光灯を写し込む事で確認出来ます。

IMG_9396
一番大きなキズで2ミリ弱ほどですが、後はタッチアップの腕次第です。
今回は後日お客様ご自身でタッチアップをして頂く事になりましたが、ご来店時にお持ち頂ければタッチアップまで致します。

IMG_9409
今回の様にキズの残る施工は全てのお客様にご満足頂けるとは限りませんのが、じっくり検討して頂ければ最良の修理方法が見つかると思います。

ご依頼ありがとう御座いました。


ブログランキング参加中です。
1日ワンクリックの応援よろしくお願いします。

車整備・修理 ブログランキングへ
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村