神奈川県のデントリペアプロショップ
トラストデント厚木店の田邊です。

トラストデントグループではご依頼頂いた施工1台1台に全力を尽くす為、1日の施工台数を制限しています。
当店では1日最大で2台、施工内容によっては1台としています。
お見積りのみのご予定であっても出来る限り丁寧なご説明や様々な修理方法のご検討をして頂く為にご来店のお時間を指定させて頂く事も御座いますので予めご了承頂けます様お願い致します。

今回の施工例は本日ご依頼頂きました2台のご紹介です。

午前中のご予約は、相模原市からご来店頂きましたVW ゴルフⅦの右クォーターです。
BlogPaint
ご依頼の多いゴルフのクォーターパネルです。クォーターパネルの施工はヘコミの場所によって施工方法や時間などが大きく変わります。

IMG_9062
ヘコミの中心、打撃点に深めのキズがありますので残念ですがキズは残る事が前提での施工です。

IMG_9065
リフレクターボード(反射板)を使用して確認です。

IMG_9066
リフレクターボードを使用するとヘコミの形、歪みの範囲が正確に確認出来ます。
微妙な歪みをしっかり把握出来るからこそしっかりとした仕上がりが提供出来ます。



施工後です。
IMG_9070
ヘコミが無くなった事で塗装面のキズが写真に写る様になりました。
お見積りの時点でもご説明していますが、この深さのキズを消すには塗装の寿命を著しく損なう恐れがある為、今回の施工では、キズを残す事を前提に施工方法をご提案させて頂きました。
もしもキズが気になってしまう場合は、クリヤーのみ塗装するという方法も可能です。

IMG_9076
リフレクターボードで歪みを確認します。
勿論リフレクターボードだけに頼らず蛍光灯の映り込みや景色の映り込みでも確認します。

IMG_9077
リフレクターボードは歪みの確認には最強のツールですが塗装面のキズの確認には向きません。

IMG_9083
キズの確認には蛍光灯の映り込みや景色の映り込みで行うと正確に把握出来ると思います。

この位のキズですとタッチアップをすると余計に目立ちますので今回はコーティングのメンテナンス剤を施工して終了です。錆の心配がある様なキズの場合はタッチアップします。



続きまして2台目の施工です。
BlogPaint
スバル レガシィ ツーリングワゴンのバックゲートです。

BlogPaint
小さなヘコミですがこちらもキズがあります。

IMG_9140
購入間もないお車でガラスコーティングを施工してあります。
キズを消す為にはコンパウンドを使用して磨く必要がある為にコーティングは落ちてしまう可能性があります。
コーティング剤の種類とキズの深さ等を考慮して今回は、軽く磨く程度でキズを消し、消えないキズは深追いしないでガラス被膜を残す方向で施工スタートです。


施工後です。
BlogPaint
軽く磨いて殆どキズは消えました。
コーティングはメンテナンス剤を使用して撥水性を周辺と揃えます。

IMG_9144
歪みもしっかり確認して施工終了です。

ご依頼頂きましてありがとう御座いました。その他お問い合わせ、お見積りのご来店のお客様、ありがとう御座いました。ご依頼お待ちしております。



ブログランキング参加中です。
1日ワンクリックの応援よろしくお願いします。


車整備・修理 ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村