神奈川県のデントリペアプロショップ
トラストデント厚木店の田邊です。

デントリペアは、パテ付けや塗装をしないので限りなくオリジナルの状態に戻す事が可能です。
気になる『へこみ』を無かった事に出来る、この素晴らしい技術で、きっと皆様のお役に立てると思います。


今回の施工例は、スバル エクシーガです。
BlogPaint
へこみの場所は右のリヤドアです。

IMG_9483
良くあるドアパンチの様ですが、一部に出っ張っている部分があります。これはへこみの裏側にある補強の骨に当たっている事が原因です。

IMG_9486
この様にへこみと出っ張りが出来てしまっている場合、通常のへこみよりも鉄板が伸びてしまっていますので施工は格段に難しくなります。また鉄板の伸びが限界を超えていると、へこみの在った部分の張りが無くなり触ると『ぺこぺこ』してしまうことがありますので、施工可能かの見極めも難しいへこみです。

但し、塗装面に深いキズや割れなどが無ければ、基本的に施工可能です。


施工後です。
IMG_9514
出っ張り部分の肌がしっかり揃うかが問題でしたが、大丈夫でした
勿論、ペーパーを当てるなどのごまかし作業も行わないので塗装のゆず肌もバッチリ残っています。

時々、ゆず肌が無くなる程にペーパーを当てられて『つるつる』になってしまっているデントリペアの修復跡を見かける事がありますが、決してデントリペア本来の仕上がりではありません。

IMG_9506
心配のあった鉄板の張りも問題無く一安心です。




めったにブログ更新しないのでもう一例紹介です。

BlogPaint
スズキ スイフト モンスター仕様です。

IMG_9562
気が付いたらこんな状態
ドア当てを名乗り出てもらえるケースは皆無に等しい様です。

今回は事前にディーラー様でお見積もりされたそうで、ドアパネル交換で13万円オーバーだそうです。
当店のお見積もり金額が28.350円ですのでその差は10万円以上。しかも仕上がりでも負けません。

IMG_9551
若干のキズがある為、コンパウンドで磨く必要があります。この時にコーティングはおちてしまいますので必要に応じて再施工を行います。当店指定のポリマーコーティングは無料で部分施工しております。


施工後です。
IMG_9586

IMG_9593
デントリペアには塗装に損傷がある場合には施工出来ないという弱点はありますが、施工できるへこみに関して言えば『金額』『スピード』『仕上がり』その全てで他の修理方法を圧倒しています。

また完全な技術職ですので見積もりも施工する本人以外正確には行えません。
ディーラー等でデントリペア不可と判断されても諦めずに是非一度ご相談下さい。



先日、雑誌の取材がありましたのでお知らせします。

DSC_0395
元プロ野球選手の駒田さんが、経済誌『カンパニータンク』の取材のインタビュアーとしてお越し下さいました。
駒田さんご自身が大の車好きとの事でデントリペアに大変興味をお持ちのようでした。

DSC_0481
『満塁男』の勝負強さ、あやかりたいものです。
今度はプライベートでお越し下さい。お待ちしております。



ブログランキング参加中です。
1日ワンクリックの応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

車整備・修理 ブログランキングへ