神奈川県のデントリペアプロショップ
トラストデント厚木店の田邊です。

デントリペアは、パテ付けや塗装をしないので限りなくオリジナルの状態に戻す事が可能です。
気になる『へこみ』を無かった事に出来る、この素晴らしい技術で、きっと皆様のお役に立てると思います。

カーディーラーや板金業者の方に『デントリペアでは直らない』と判断されたとしても諦めないで下さい。

また板金塗装では『パネル交換』のお見積もりになってしまう場合でも、塗装に損傷が無ければ『デントリペアで綺麗に元通り』なんて良くある事です。

デントリペアは施工する技術者によって施工できる範囲や仕上がりに大きな差が出ますので、是非一度ご相談下さい。

今回紹介する施工例は、アルファロメオ147の左フロントドアです。
BlogPaint

IMG_3321
ドアの中央付近に幾つものドアパンチが集中してあります。
IMG_3322
近くで見ると消す事の出来ないキズが数箇所在りました。
IMG_3290
リフレクターボードでの確認です。
IMG_3313
複数のドアパンチによるヘコミの為、非常に複雑な形ですが塗装への損傷は数箇所のキズのみでしたので、お客様へはキズの残り具合を説明させて頂き施工スタートです。
ちなみに今回は、午後三時過ぎのご来店でしたので一晩お預かりさせて頂きました。

施工には十分なお時間を頂けます様お願いしています。



施工後です。
IMG_3351
線の幅が揃ってすっきりしました。
IMG_3409
立体的なドア形状に不自然な箇所が無いか全体的に確認します。

ドアハンドルの下に見える線の不揃いは新車時からある歪です。

またドア下のほうに若干の歪が確認出来ますが、こちらは補強フレームの接着箇所で反対側のドアにも同じ様に確認出来ましたので新車時からの歪と判断致しました。

IMG_3464
景色の写り込みでの確認です。肌荒れなどが無い事も確認します。
IMG_3463
少し離れた所から見るのも大切です。
パネル全体の確認をして終了です。



ちなみに今回は施工の際、ドアトリム(内張り)を外していますが、このタイプのメクラ蓋
IMG_3327
キズだらけになって無いですか?
今回は既にこじった跡がありましたが、当店のこだわりとして
IMG_3333
キズを付けずに外します。
チョッとした事かも知れませんが、『ヘコミだけ綺麗に直せば良い』では無い事をお伝えしたかったので・・・

ご依頼ありがとうございました。

施工には万全を尽くしておりますが、もしも何かお気付きの点が御座いましたらお気軽にご相談下さい。



小さなヘコミから他店で断られたヘコミまで是非一度ご相談下さい。



ブログランキング参加中です。
1日ワンクリックの応援よろしくお願いします。


車整備・修理 ブログランキングへ

にほんブログ村