今回の施行例は、ボルボ S60 右フロントドアです。

IMG_3971
このお車は、このドア上部のアール部分がドアモールよりも出ている為、非常にヘコミの出来る危険性の高いドア形状です。
狭い駐車場などでは、ドアパンチに注意してください。
ヘコミは、深いキズをともなった4センチ程の大きさです。
IMG_3968
リフレクターボードでヘコミの形、大きさを確認します。
完全に折れ目が入っていますが、正確に線を押す技術があれば特に問題の無いヘコミです。

問題は、深いキズを消すか、残すかです。

キズを消す場合、傷の部分を砥石や耐水ペーパーで研ぐ必要がありますが、その場合、研いだ部分だけ塗装肌が無くなり、ツッルっとしてしまいます。
ですが、『TRUSTデントリペア工法』では、研ぐ範囲、量を最小限に抑えることが可能な上、塗装肌を再現する事も可能ですので、クリアー塗膜の範囲内のキズは綺麗に消す事が出来ます。


IMG_3978
施工後です。
キズは、他にも同等以上のキズが幾つかあり、『ヘコミだけ綺麗に直れば』との事でしたので、不必要に塗膜をいじめずに目立たない程度とさせて頂きました。
IMG_3975

クリアー塗膜の厚さは、メーカー、年式、車種によって違いますので、キズが消せる、消せない、どの程度残る、などはお見積もりの際にオーナー様と相談の上、作業に掛からせて頂いております。


小さなヘコミから他店で断られたヘコミまで是非一度ご相談下さい。



ブログランキング参加中です。
1日ワンクリックの応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ