今回の施行例は、トヨタ カローラアクシオ ドアのデントリペアです。

IMG_2732
助手席側のドアに強烈なドアパンチです。
IMG_2723
プレスラインを中心におよそ15センチの大きさです。
少し深めのキズが入ってしまっていますが、粗めのコンパウンドで磨くことで、ほとんど目立たなくなると判断しました。
この場合、ボディーコーティングを施行している場合は落ちてしまいますので、オーナー様の希望があれば再施行をいたします。

この時点で、仕上がり予測と金額をお伝えして、ご納得されてから作業に移らせて頂きます。

IMG_2736
施工後です。
景色の写りこみに違和感の無い事を確認して頂きます。
このときの見方は、少しはなれて景色を流す様に見て景色にブレが無いかを見ます。
キズや肌は近くでじっくり見る必要があります。

IMG_2737
リフレクターボードを使用しての確認です。
景色で確認するよりもずっとシビアな確認が出来ると思います。


プロが見ても修復箇所が分からなくなるデントリペア。
この素晴らしい技術をもっと沢山の方に知っていただければ幸いです。

小さなヘコミから他店で断られたヘコミまで是非一度ご相談下さい。



ブログランキング参加中です。
1日ワンクリックの応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ